2018.9.3.
第17回学術集会は盛会のうちに終了いたしました。ご参加ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
2018.9.3 お忘れ物のご案内(3点)
①9月1日 第一会場  ワインレッドのネクタイ
②9月2日 第一会場  ラコステのハンドタオル
③9月2日 会場不明  川崎市と入ったのボールペン
お心当たりの方は学術集会事務局までご連絡くださいますよう宜しくお願いいたします。 事務局の方で保管させていただき、ご連絡なき場合は9月末日に処分させていただきたく存じます。
2018.8.24
一般演題口演第3群と第4群の座長が変更になりました。
一般演題口演第6群の会場が第4会場から第3会場へ変更になりました。
2018.8.10
抄録集は当日配布します。プログラム(PDF)をご活用ください。
2018.7.25
事前参加登録を終了しました。
2018.7.18
座長、ランチョンセミナーについてアップしました。
2018.7.6
事前参加登録期間延長についてアップしました。
2018.5.31
一般演題募集期間延長についてアップしました。
2018.4.4
広告掲載・協賛金・共催セミナー募集依頼チラシ(pdf)等をアップしました。
2018.4.3
一般演題、交流集会の抄録フォーマットをアップしました。
2018.3.30
各種大会情報等更新しました。
2018.3.20
大会会長等更新しました。
2018.2.5
参加申込・口演・示説等更新しました。
2017.9.15
協賛広告・協賛バナーリンク掲載ご希望の際は、学術集会事務局までメールでお問い合わせください。
2017.9.15
ホームページの運用を開始しました。

MENU

大会長挨拶


第17回日本アディクション看護学会学術集会開催にあたって

第17回日本アディクション看護学会学術集会
大会長 河口 朝子(長崎県立大学看護栄養学部看護学科教授)

このたび、2018年9月1日(土)~2日(日)に第17回日本アディクション看護学会学術集会を長崎県立大学シーボルト校(長崎県西彼杵郡長与町)におきまして、九州地区で初めて開催させていただくことになりました。このような大役を務めさせていただきますのも、会員、関係者の皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

アディクションの健康問題は、私達の日常生活の身近なところに存在しています。薬物依存・アルコール依存やギャンブル依存、煙草依存、スマホ依存、買い物依存、性依存など、「やめたくてもやめられない」アディクションは社会的問題となっており、社会問題の縮図が潜んでいるように思われます。アディクションの健康問題を抱え生活している人々は、小児から高齢者と幅広く、看護が展開される場も病院、高齢者施設、教育現場、地域社会と広範囲に及んでいます。日常生活や職場において、対人関係がうまく行かないとき、アディクションの観点から現象を分析すると問題の本質が見えてくることもあります。

さて、本学術集会のテーマを「生きづらさの語りと共存―アディクションを視野に入れて-」と致しました。本学術集会では、当事者の語りを元に生きづらさを抱えながら生活される状況を医療関係者だけでなく、当事者、文化人類学、教育学の視点と他の学問領域の考えも視野に入れ、また、今回、予防の観点にも力をいれてアディクション看護を討議したいと思い企画しました。

そこで、基調講演では、子どもたちの非行防止や薬物汚染の拡大防止のために日夜全国を駆け回っていらっしゃる水谷修先生に「あした、笑顔になあれ---夜回り先生、いのちの授業」をテーマにご講演頂きます。特別講演Ⅰでは、磯野真穂先生に「もし依存症が病気でなかったら文化人類学からとらえる『摂食障害』」と題して、医療が語り得ぬものを語っていただけると思います。特別講演Ⅱでは、杠岳文先生に「依存症予防と生活習慣の行動変容」、教育講演Ⅰでは、松下年子先生に「高齢者虐待と共依存」、教育講演Ⅱでは、白石裕子先生に「認知行動療法を活かすアディクション看護」についてご講演いただきます。依存症者の回復支援でご活躍の菅公臣先生に「ダルクで回復することとはーなぜ仲間が必要なのかー」、また、シンポジウムでは、パネリストから「アディクションと語りの意味」について、多職種の発言をいただきます。今回、はじめて教育研修として、困難事例を提供していただき、アディクション看護の専門家と共に検討する企画を設けました。また、日頃の研究成果を交流集会・口演・ポスターにて多数の会員の皆様に発表いただきたく存じます。

本学術集会が人とのつながりの場となり、お互いの悩みや考え、気づきを共有し、アディクションを抱えて生活する方々への理解が深まりますことを願い、多くの看護職の皆様、そして多方面からアディクションに興味をお持ちの皆様にご参加いただきますよう、長崎の地からご案内申し上げます。


ページのトップへ戻る

開催概要

会議名称

第17回日本アディクション看護学会学術集会

テーマ

生きづらさの語りと共存 -アディクションを視野に入れてー

会期

2018年9月1日(土)~2日(日)

会場

長崎県立大学シーボルト校
〒851-2195長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1

会長

河口 朝子 氏(長崎県立大学看護栄養学部教授)

学術集会事務局

長崎県立大学 看護栄養学部 看護学科
851-2195長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
Email: jadict17@sun.ac.jp
Tel:095-813-5203

後援

  • 長崎県立大学
  • 長崎県
  • 長与町
  • 長崎県教育委員会
  • 公益社団法人長崎県看護協会
  • 一般社団法人日本精神科看護協会長崎県支部
  • 長崎県精神科病院協会
  • 独立行政法人国立病院機構肥前精神医療センター
  • 長崎県精神保健福祉士協会
  • 長崎県看護学校協議会
  • 長与町ケア連絡会
  • 宗教法人カトリック長崎大司教区
  • NPO法人長崎県介護支援専門員連絡協議会
  • NHK長崎放送局
  • NBC長崎放送
  • 長崎文化放送株式会社
  • 株式会社テレビ長崎
  • 株式会社長崎国際テレビ
  • 株式会社長崎新聞社
  • 長崎国際観光コンベンション協会
ページのトップへ戻る

プログラム

会長講演

1日目:9月1日(土) 9:50~10:20
生きづらさの語り
河口 朝子 氏(長崎県立大学看護栄養学部看護学科教授)
座長:森 千鶴 氏(筑波大学大学院教授)

基調講演

1日目:9月1日(土) 10:30~11:40
あした、笑顔になあれ―夜回り先生、いのちの授業
水谷 修 氏(水谷青少年問題研究所所長)
日本の教育者、元高等学校教諭であり、児童福祉運動家、ならびに教育評論家。
水谷青少年問題研究所所長、花園大学社会福祉学部臨床心理学科客員教授、上智大学文学部哲学科非常勤講師。ペスタロッチー教育賞受賞。
著書:『どこまでも生きぬいて 夜回り先生50のヒント』 PHP研究所
『優しさと勇気の育てかた』日本評論社
『約束 』 日本評論社
『夜回り先生』 小学館 他
座長:河口 朝子 氏(長崎県立大学看護栄養学部看護学科教授)

特別講演Ⅰ

1日目:9月1日(土) 13:15~14:15
もし依存症が病気でなかったら
文化人類学からとらえる「摂食障害」
磯野 真穂 氏(国際医療福祉大学大学院講師)
国際医療福祉大学大学院 講師 専門は文化人類学、医療人類学
早稲田大学文学部研究科博士後期課程修了。博士(文学)
著書:『なぜふつうに食べられないのか』春秋社 医療者が語る答えなき世界)
「いのちの守り人」の人類学』ちくま新書
座長:日下 修一 氏(聖徳大学看護学部看護学科教授)

当事者の語り

1日目:9月1日(土) 14:25~15:25
ダルクの当事者活動とは?ー依存症回復支援ー
菅 公臣 氏(NPO法人ちゅーりっぷの会 グラフ・ながさき施設長)

特別講演Ⅱ

2日目:9月2日(日) 9:00~10:00
依存症予防と生活習慣の行動変容
杠 岳文 氏(独立行政法人国立病院機構肥前精神医療センター院長)
座長:松下 年子 氏(横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻教授)

教育講演Ⅰ

2日目:9月2日(日) 10:10~11:10
高齢者虐待と共依存
松下 年子 氏(横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻教授)
著書:『アディクション看護学』メヂカルフレンド社
『事例から学ぶアディクション・ナーシング』中央法規
座長:吉峯 悦子 氏(長崎市福祉部総務課)

教育講演Ⅱ

2日目:9月2日(日) 13:10~14:10
認知行動療法を活かすアディクション看護
白石 裕子 氏(国際医療福祉大学看護学部教授)
座長:大塚 一徳 氏(長崎県立大学看護栄養学部看護学科教授)

特別企画(事例検討会)

1日目:9月1日(土) 15:35~16:35
教育研修:困難事例の検討
演者:辻脇 邦彦氏(東都医療大学ヒューマンケア学部看護学科精神看護学教授)
      松下 年子氏(横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻教授)
      日下 修一氏(聖徳大学看護学部看護学科教授)

口演・ポスター交流集会 他

一般演題
1日目:9月1日(土)
14:25~15:25 一般演題口演1群 地域生活支援等(第2会場)
                       一般演題口演2群 アルコール依存(第3会場)
15:35~16:35 一般演題口演3群 他者との関係性構築(第2会場)
16:55~17:55 一般演題口演4群 ネット依存(第2会場)
                       一般演題口演5群 薬物・ギャンブル依存・摂食障害(第5会場)
2日目:9月2日(日)
10:10~11:10 一般演題示説(ポスター会場)
13:10~14:10 一般演題口演6群 行動制限・虐待・自傷・性意識(第4会場)

指定交流集会①
1日目:9月1日(土)16:55~17:55(第3会場)
二つの中枢と条件反射制御法(CRCT)について
演 者:安田 浩二氏、大川 和男氏(国立病院機構下総精神医療センター看護師)
西川 はるみ氏他(国立病院機構下総精神医療センター副看護師長)
指定交流集会②
2日目:9月2日(日)11:20~12:20(第2会場)
薬物依存者の社会復帰
演者:井ノ口恵子 氏(更生保護法人まこと寮薬物専門職員)
      五十嵐愛子 氏(文京学院大学保健医療学部教授)

ランチョンセミナー

9月1日(土)11:50~13:10
情報提供:テルモ株式会社
大麻のどこが危険なの?―有害性と医薬品への可能性ー
演者:山本 経之 氏(長崎国際大学特任教授)

9月2日(日)12:25~13:00
情報提供:東洋羽毛株式会社
よりよく眠るためのヒント~睡眠6ヵ条~
演者 久保 工 氏(東洋羽毛工業株式会社 日本睡眠教育機構認定 睡眠健康指導士)

シンポジウム

1日目:9月1日(土)15:35~16:55

アディクションと語りの意味
尾上 英次郎 氏(一般社団法人日本精神科看護協会長崎県支部長)
稗田 幸則 氏(長崎県精神保健福祉士協会会長)
山中 嘉子 氏(長崎こども・女性・障害者支援センター主任技師)
西田健一郎 氏(NPO法人ちゅーりっぷの会 長崎ダルク精神保健福祉士)

ページのトップへ戻る

演題募集

演題募集期間

募集を終了しました。ありがとうございました。

演題応募要件

演者は、日本アディクション学会会員に限ります。
演題申し込みには会員番号が必要になります。
会員でない方は入会手続きを済ませてください。
入会申し込み方法: http://plaza.umin.ac.jp/~jaddictn/entry.html

発表形式

下記のいずれかを選択してご応募ください。

(1)口演  (2)示説(ポスター発表) (3)どちらでもよい

なお、お申し込みの発表形式とは異なる発表をお願いする場合があります。
最終的な決定は、学術集会会長にご一任ください。

演題応募方法

要件
発表内容は、未発表のものに限ります。他学会への二重発表は認められません。
筆頭者としての応募は、口演1演題、示説1演題、計2演題とさせていただきます。ただし共同演者としての連名はこの限りではありません。

口演・示説抄録作成要領

Microsoft Wordにて下記要領で抄録を作成し、
ファイル名を「発表者氏名.doc」または「発表者氏名.docx」として保存してください。
  • 「Microsoft Word」にて抄録を作成し、ファイル名を「発表者・企画者氏名.doc」として保存してください。
  • 抄録本文の構成は【目的】【方法(倫理的配慮を含む)】【結果】【考察】など内容を構造化する見出しをつけて記載してください。
  • 演題・企画者名:全角50文字以内で中央寄せとします。
  • 発表演者:連名の場合発表者を筆頭とし〇をつけて下さい。所属機関は共著者も含めてそれぞれ入力してください。
  • 文字:明朝体で、サイズは演題名を14ポイント、キーワードと研究者および所属施設名は9ポイント、本文は10.5ポイントとします。
  • 抄録本文は一段組とし、1200文字程度(文字数は40字、行数は46行)とします。
  • 抄録本文の図表の挿入は規定した書式に収め、文字が見える大きさにしてください。
  • 余白は上下30ミリ、左右25ミリとします。


抄録提出方法

下記要領でEメールにて抄録をご提出ください。
  • 提出先メールアドレス: jadict17@sun.ac.jp
  • 件名は「一般演題申込_発表者氏名」とし、メール本文に以下の内容をご記入ください。
    1. 申込者氏名
    2. 所属
    3. 日本アディクション看護学会の会員番号
    4. 連絡先(住所、電話、Eメール)
    5. 希望発表形式 (①口演、②示説、③どちらでもよい)
  • 抄録ファイルをメールに添付してください。

メールで抄録を提出する

※ Eメールによる抄録提出が出来ない場合は、事務局にお問い合わせください。

内容チェックリスト

  • 抄録原稿作成基準に沿っている。
  • 抄録の形式が整っている(目的・方法・倫理的配慮・考察・結論などが示されている)。
  • 倫理的配慮が行われている。

演題の採否について

採否の通知は、Eメールにてご連絡いたします。
Eメールアドレスを正しく登録されていない場合、
通知が届かないことがございますので予めご了承下さい。

ページのトップへ戻る

交流集会募集

交流集会は、研究者グループが主体的に企画・運営し、参加者との学術的実践的な交流をはかることを目的としています。

募集期間

終了しました。

募集形式

60分の時間を自由な形式でご使用ください。
参加人数制限がある場合は、その人数と制限の方法について抄録にも記載してください。

応募資格

企画者は、日本アディクション学会会員に限ります。申し込みには会員番号が必要になります。
会員でない方はお申込みまでに入会手続きを済ませてください。
入会申し込み方法: http://plaza.umin.ac.jp/~jaddictn/entry.html

会場の希望

下記のいずれかを選択してご応募ください。

(1)可動式机の教室 (2)固定机の教室 (3)どちらでもよい

なお、会場の数に限りがあり、申し込み状況によっては希望に添えない場合がございます。

応募方法

申し込み方法 Eメールに、①申込用紙②抄録の2つを添付してご提出ください。

交流集会抄録作成要領

Microsoft Wordにて口演・示説抄録作成要領に準じて作成し、ファイル名を「交流_代表者氏名.doc」または「交流_代表者氏名.docx」として保存してください。但し、キーワードの記載は不要です。
    ※ 背景、主旨、方法または内容などが盛り込まれて記載されていることが望ましい

応募内容チェックリスト

  • 申込用紙にもれなく記入している。
  • 抄録は作成要領に沿っている。
  • 申込用紙、抄録の両方をメールに添付している。

採否について

採否の通知は、Eメールにてご連絡いたします。
セッション可能枠には限りがあり、申し込み多数の場合は、幅広くテーマを設置することを目指し、テーマ、申込み順等をもとに調整させていただくことがございます。
Eメールアドレスを正しく登録されていない場合、通知が届かないことがございますので予めご了承下さい。

ページのトップへ戻る

参加申込

事前参加申込 受付期間

2018年3月1日(木)~7月6日(金)7月25日(水)終了しました。多数お申込み頂きありがとうございました。
会員料金で事前参加申込するには、申し込みの時点で、本学会の入会手続きが完了している必要があります。お早めにお手続きください。 → 入会手続きはこちら

当日参加の場合

事前参加申込をせず参加される方は、当日そのまま受付へお越しください。
※ 開催直前に入会をされた方は、受付の会員名簿に反映されていない場合がございますので、念のため、当日会員番号等、入会を証明できるものをお持ちください。

参加費

参加カテゴリー 事前登録 ※1
当日受付
会員 5,000円 6,000円
非会員 6,000円 7,000円
学生 (大学院生含まず) 2,000円 3,000円
一般市民
(非医療職・非福祉職)
2,000円 3,000円
情報交換会
会場の都合につき50名まで
5,000円 5,000円
定員となりました。お申し込み頂きありがとうございました。

※1: 上記事前参加申込の期間内に、お振込みを完了する場合に限ります。
一般市民と学生の抄録集は別料金(1,000円)です。抄録集が必要な方は学会当日受付にてお求めください。 なお、一部プログラムの参加を制限させていただくことがございます。

弁当注文

学会当日は、夏季休暇中の土日のため、大学食堂および近隣の多くの食堂は休業中です。
弁当の注文をされるか、各自でご用意ください。ランチョンセミナーは調整中です。
  • 弁当代金: 両日とも、各 1,000円(お茶付き)
  • 事前参加申込者: 参加申し込み時に一緒にお申し込み・ご購入ください
※ 当日参加の方は、昼食は各自でご用意ください。

事前参加申込方法

事前参加申込は、下記の手順1,2を、7月25日(水)までに終えてください終了しました。多数お申し込み頂きありがとうございました。
手順1.申込書の記入・提出
事前参加申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、メールまたはFAXにてお送り下さい。

メールの件名は、「事前参加申込」としてください。

Email: jadict17@sun.ac.jp FAX: 095-813-5203

※FAXでお申込みの方は、送信後10日経過しても事務局からの連絡がない場合はご一報ください。

事前参加申込書(WORD)

手順2.
支払い郵便局備え付けの振替用紙にて、申込代金(学会参会費、懇親会費、弁当代を合計した金額)を下記口座へお振り込み願います。
原則として、申込書提出から1週間以内にお振込みください。
〆切間近にお申込みの方は、お振込みも7月25日(水)までにお済ませください。終了しました。ありがとうございました。
振込先: ゆうちょ銀行
記号番号: 01750-4-169572
加入者名: 17回日本アディクション看護学会学術集会

注意事項

  • 振込取扱票は、一名様につき一枚ずつご使用ください。
  • 7月25日(水)までに振込みがない場合は、事前参加申込はキャンセルとさせていただきますのでご注意ください(参加される場合は、当日受付にて当日参加料金をお支払いいただきます)。
  • 事前参加申込いただきました内容の修正・変更はできません。学会参加費を含む申込代金の振込み後は、参加取消しおよび弁当注文の取消し・変更・返金は受付できません。
  • 入会登録申請中として事前参加申込をしても、実際には入会をしていないことが判明した場合は、当日受付にて、非会員参加費との差額をお支払いいただきます。

ページのトップへ戻る

参加者の皆様へ

参加受付

事前参加申込をされた方も、当日受付の方も、最初に必ず受付で参加手続きをしてください。受付時間は下記のとおりです。
    9月1日(土)9:00~16:30
    9月2日(日)8:30~13:00
学術集会当日に入会を希望される方は、受付へご連絡ください。

入場

会場への入場の際は、必ず受付時にお渡しするネームカードを着用してください。未着用の方には、係が声をおかけする場合があります。
会場以外の部屋、フロア、建物へは立ち入らないで下さい。

抄録集の販売

会員・非会員としての参加費には抄録集代が含まれております。
当事者・家族、学生としての参加者で抄録集が必要な方や、追加で抄録集をお求めの方は、当日受付にてお問い合わせください(1 冊1,000円、在庫なくなり次第終了)。

クローク

クロークを下記の時間・場所で設置いたしますので、ご利用ください。
  利用時間 場所
9月1日(土) 9:00~18:00
9月2日(日) 8:30~14:30

※情報交換会に参加される方は、必ず情報交換会前に荷物をお引取りいただき、自己管理をお願いいたします。
※荷物は、日をまたいでお預かりできません。その日のうちにお引き取りください。
※貴重品、傘、生もの(要冷蔵(凍)品)、壊れやすいもの(パソコン含む)などはお預かりできません。

昼食

事前参加申込時に弁当(お茶付)をお申込みになった方は、下記の時間に受付付近のお弁当引き換え窓口にて予約券と引き換えにお受け取りください。
    9月1日(土)12:00~13:30
    9月2日(日)11:30~13:00

休憩所

会期中、学生会館1階食堂または第2会場横展示室前のスペースをご利用ください。


総会

9月2日(日)12:30~13:00
会場:第4会場

情報交換会

懇親会にお申込みいただいた方には、学会当日、1階受付にて店への詳しい地図を配布いたします。
会場への送迎バスをご利用の方は、当日18:05に受付前にお集まりください。

日時:9月1日(土)18:30~20:30
会場:ロイヤルチェスターホテル
〒852-8156 長崎県長崎市赤迫3丁目6−10
095-856-1101


お願い

  1. 学内はすべて禁煙です。近隣の方々へのご迷惑になりますので、本学周辺の路上での喫煙もご遠慮ください。
  2. 講演・発表等のビデオ・写真撮影(カメラつき携帯電話を含む)・録音はご遠慮ください。撮影・録音機材をご使用の方には係が声をおかけする場合があります。
  3. 会場内では、携帯電話の電源をお切りになるか、マナーモードへの切り替えをお願いいたします。なお、発表会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。

ページのトップへ戻る

演者・座長の皆様へ


利益相反の開示について
発表の際、発表者全員の方の利益相反の開示をお願いします。口演の場合はパワーポイントファイルで演題名・研究者氏名の次のページに、示説の場合はポスターの最後に掲載下さい。

一般演題口演セッションでご発表の方へ
発表時間は1演題15分間(発表10分、質疑5分間)を予定しております。会場に準備するPCのOSは、Windows10。アプリケーションソフトは、「Windows版Microsoft Office PowerPoint 2016」となります。USBフラッシュメモリーを持参し、PC受付でご確認の上、発表会場ではご自身で操作して発表していただきます。

一般演題ポスターセッションでご発表の方へ
方法:大会初日(9月1日)9時よりポスターの受け付け、会場に貼付していただきます。ポスターセッションは2日目(9月2日)10時10分~11時10分を予定しています。発表時間の間はご自身のポスター前で待機し、質問等への対応をしてください。なおポスターセッションに座長はつきません。
規格:パネル上でポスターを貼れる範囲は、縦162cm×横86cmとなります。演題番号表示のため、パネル左上スペース(15cm×15cm)は空けていただきます。演題番号は事前に事務局で貼付しています。  

一般演題口演・ポスターセッション座長の方へ(pdf)


交流集会企画者の皆様へ(pdf)


ページのトップへ戻る

会場へのご案内

会場

長崎県立大学シーボルト校
851-2195長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
*会場内はwifi環境ではございません。

アクセス





ページのトップへ戻る

宿泊案内

宿泊について

長崎県立大学シーボルト校へお越しになるには、下記エリアでの宿泊が便利です。
会場へのご案内をご参考に、各自でご手配ください。
  • 長崎駅周辺
  • 浦上駅周辺
  • 住吉周辺

注意事項

くれぐれも宿泊予約はお早めに行ってください。

周辺環境

長崎の観光地とは開催場所は離れております。

ページのトップへ戻る

協賛広告募集

広告掲載・協賛金・共催セミナーを募集しております。下記募集内容をご覧頂きご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


広告掲載・協賛金・共催セミナー募集(ワード文書)


お問い合わせ

本学術集会、演題募集、参加登録、協賛広告に関するお問い合わせ

第17回日本アディクション看護学会学術集会事務局
851-2195 長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1長崎県立大学看護栄養学部看護学科
Email: jadict17@sun.ac.jp

学会入会に関するお問い合わせ

日本アディクション看護学会事務局 (2016年度より)
〒152-8558 東京都目黒区東ヶ丘2-5-1
東京医療保健大学東が丘・立川看護学部 田中留伊研究室内
E-mail: jadict-office★thcu.ac.jp (★を@に直してご使用ください(スパム対策))

入会申込方法
http://plaza.umin.ac.jp/~jaddictn/entry.html


ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る